wodnetが紡ぐ今日この頃

アクセスカウンタ

zoom RSS 時として、勝ち負けよりも大切なコトがある

<<   作成日時 : 2006/08/07 22:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

僕は「キッド(息子)」をライバルだと思っている節があります。
もっと正直に記すなら、
ライバルを育てているのだと思います・・・。

はやく対等の立場になって、
対等の身体、能力、知恵などを身に付けてほしい。
そんな「極々勝手なこと」を真面目に考えてしまいます。

要するに、
早く「遊び相手」になってもらいたいんですねw

人間なんて自分勝手な生き物です。
他人の迷惑に直接関与しない限りは、
ある程度自分勝手に生きないと、
それはそれで、
自分の一生がツマラナイままで過ぎてしまいそうで、
そういう危機感は常に抱いていたりします。


さて。
愚痴をこぼした積もりはないのですけれど、
愚痴っぽく見えているので、
いつものように(?)楽しい話題へw


ちまちまと通勤時間にプレイしている「逆転裁判」シリーズ。
今日、ようやく「逆転裁判2」をクリアしました。
何度プレイしても面白いことは、
これまでも綴ってきましたけれど、
やり直してみて改めて、
その面白さの「中身」について、
諸々の気づきが多々ありました。


まず最初のキーワードは「ツンデレ」w
 #自分で書いていて恥ずかしいのですけど・・・。

僕は、結構「狩魔冥」ちゃんが好きだったりします。
それは、外見的にも性格的にも。

ツンデレってこういう感じなのかも・・・。

こう書いてしまうと、
僕の両手がなんだか得体の知れないオーラ(変な汗)に包まれてきます。
おそらく、定義から鑑みると正確な「ツンデレ」ではないのでしょうけど、
それに近い要素が「冥」ちゃんからは滲み出ている気がするのです。

たった一度。
あのシーンだけで見せる、あの表情・・・。
冥ちゃんファンなら、誰もが心をトキメカセル瞬間だと確信しています。
大場カオル嬢にときめいているケースがあれば、
是非とも報告してほしい限りですっ!!


2つ目のキーワードは、「非現実」。
初代「逆転裁判」にも増して、
さらに有り得ない設定が随所に盛り込まれています。
それでも、脱線しないのはキャラクタの持つパワーのお陰なのかもしれません。
霊媒は周知の通りですし、
○○屋に証言させるくだりは、
空いた口が塞がらないんですよね。
何度プレイしても、毎回塞がらなくなるんですw

僕が器用に物語を忘れている所為もあるのかもしれませんけど、
遊ぶたびに面白さを再発見・再認識することができるのは、
ソフトの「底力」だと、ほんとうに思います。


そして最後のキーワード。
それは、「信頼」。

未プレイの人には、ほんとうにプレイしてほしいから、
ネタバレになりそうなことは極力割愛したいのですけれど、
このキーワードだけは、どうしても語りたくなってしまいます。

「信頼」が生まれる瞬間。
そのことを現実にフィードバックできてしまえるほど、
この作品の「信頼」は上手く描かれているなぁと感じます。
ほんとうの信頼は、どうやって培われるのか。

僕の直感から。
僕のこれまでの人生から。
今のところ導き出せる「信頼」への必須事項。

それはやはり、「葛藤」と「ライバル」なのだと考える今日この頃です。

競争し、対戦し、真剣勝負の中から生まれる「信頼」

対戦ゲームをした後の清々しい高揚感。
なぜか自然とこぼれてしまう笑顔。
そこに「勝ち負け」は関係なかったりします。

「拳で語り合う」なんて言い方がありますけれど、
本当のことだと思えます。
今の時代なら、
「コントローラーで語り合う」のも通なのではないかと。
僕はずーっとそうして来た積もりだったりします。


相手が子どもであろうと誰であろうと、
「語ることができるツール」は、たくさん持っていた方がよいのでしょう。
付け加えるなら、
持っているだけではダメで、
扱えなければ意味がないのでしょうね。

「語リ合う」というのは、「衝突し合う」ということ。
以前も書きましたけれど、僕らは価値観を共有できる存在です。
けれど、幾つもの矛盾した価値観を同時に持ち続けることは難しい。
そこで、隣り合う誰かに、もう片方の価値観を委ねるのです。

「個」vs「個」ではなく、「価値観」vs「価値観」
僕らの頭と心と体は、
この闘いを実現するための「媒体」でしかないのかもしれません。

僕の頭の中にある考えが、すべて僕のモノであるはずもなく、
無論、僕が導き出したモノでもなく、
だからこそ、「語り合う」必要があるのです。

僕は自分自身のために頭を使っているつもりでも、
いつのまにか、誰かの「考え」のために闘っているのかもしれません。
それはもうひとりの「自分」だったり、
身近にいる者の存在だったり、
ネット上で知り合った方の「考え方」だったりするのかもしれない。

言ってみれば、勝ち負けより大切なコトがあるってことです。
「個」vs「個」のどちらが勝つか否かより、
ふたつの間で交換された内容が導き出す、「○○」こそが大切だと。
これは「逆転裁判2」をプレイすればわかりますw
てゆうか、この○○がわかるモノは、
世の中にたくさん転がっていますね。
それでも、受け取る僕らの準備ができていなければ、
なかなか知ることはできないのかもしれません。


うーん。
今日ほど文章が纏まらない日も珍しいw
これもまた、次の「ライバル」と出会えるキッカケなのかもしれないな。
とりあえずここでストップしないと、身が持たないようですw

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
時として、勝ち負けよりも大切なコトがある wodnetが紡ぐ今日この頃/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる